男ならではのハゲを治そう!AGAの治療について

前髪をさわるスーツ姿の男性

治療薬を飲む

薬を内服することによって、AGAの治療をするという方法について説明しよう。つまり、ハゲを治す飲み薬のことである。フィナステリドという成分を含んだものが、内服薬として利用されている。

» 詳細を確認する

治療薬を塗る

ここで説明することになるのは、外用薬。早い話がAGAを治療するための塗り薬である。症状が現れる箇所である頭皮に、髪を生やす有効成分であるミノキシジルを塗りつけるのである。

» 詳細を確認する

メソセラピー

メソセラピーは、クリニックで行われるAGAを治療するための施術である。脱毛状態を解消し、発毛を促すことが出来る有効な薬を注入するという、きわめて直接的な治療である。

» 詳細を確認する

ハゲを治療する

薄毛を気にする男性

男ならではのハゲ

毛は、性と深い関係を持っている。そのイメージが男女のイメージとぴったり重なるからである。
たとえば、昔から西洋でも東洋でも女性は長く美しい髪を誇り、日本の平安美人たちは床を引きずるくらいの長い髪を美しさの象徴として持っていたほどだ。
あるいは、「たくましい男性」をイメージするときにモサモサ生えた胸毛を想像するという人も少なくないだろうし、実際、筋骨隆々の男の胸毛は美しい。
……と書いているからといって、ここでは何も私の「毛フェチ」を告白したいのではない。
私は特に髪の毛に注目して、この毛も、特に男性的なイメージと深い関わりがあるということを、書きたいのである。
つまり、ハゲのことだ。中年から老年にかけて男はハゲる生き物であるというのが、ひとつの固定的なイメージだ。
バーコード頭、つるっぱげ、M字ハゲ……列挙していると悲しくなってくるが、同時に非常にありふれたものだとも言えるだろう。そう、男であるからには「いつかハゲるかもしれない」という運命からは逃れられないのである。

男性型脱毛症

その名も、男性型脱毛症と呼ばれる現象がある。その現象に見舞われてしまうのは、男として生まれた者の宿命である。
一度、目をつけられたら逃れることは出来ない。老若を問わず、ある日気づいたら髪の毛がパラパラと抜け落ち、額から、あるいは頭頂部から、頭はどんどん寂しい見た目になってゆく。
男性型脱毛症は、その英語名の頭文字をとってAGAと呼ばれ、おそれられ、これまでにさまざまな治療方法が模索されてきた。
AGAは「病気」と言うには不充分な現象で、ハゲを放っておいたからといって死ぬわけではない。
しかし、特に若い人、まだ自分は若いと思っていたい人にとっては、まさに悪いイタズラ以外の何ものでもない現象なのである。
非常に心を傷つけられる現象なのだ。だからこそ、美容業界、医療業界ではさまざまな研究が行われ、現在ではいくつか確実性の高い治療方法が確立されている。
ハゲは、治すことが出来る。そんな時代になっているのだ。

ピックアップ